4/27

今日も説明会。


会場まで1時間30分。


体中痛いし眠いのでブッチしようかと思ったが、この機会を逃すとこの企業にエントリーできなくなると思うと恐怖感から体が動いた。ちなみにこの企業で学内企業説明会を合わせると37社目、個別だと16社目。1ヶ月に8社ほどしか行かないのだから少ない方だと思う。何故少ないかというと会場まで距離があるというのと私の体力が持たないから。


大学で封筒と履歴書を購入し(明日必要であると急に判明した)駅へ向かう。

到着すると30分ほど時間ができたので近くの純喫茶でランチ、オムライス。
繁華街の中にあるにも関わらず客足はまばら。店内はまさしく時が止まっており、テーブルクロスはギンガムチェックでレジはいつの年代のやつかわからないくらいのもはやアンティーク。



食べ終わり会場へ。この建物は上階はオフィス、下階はアニメ関係の展示コーナーと食事コーナーになっている。過去2回来たことがあり、まさか上の階に行く日が来るとは思ってなかった。

到着すると予想以上に人数が多かった。席数から考えて120人以上いそうだ。
社長の挨拶、ロボットのような司会。まさしく大企業と言ったかんじの堅い説明会だ。


終了後は神社へ。アニメにも出てきた風景。
階段を上ると、赤い建物が目に入ってきた。そうそうこれだよ。
こういう神社や寺に来ると決まって休憩所に入りたくなる。いいよね、神聖な空気の中でまったり。
のどが渇いていたのでリアルゴールドを飲み干しなぜかお土産用にマカロンが売ってたので購入。
境内を散策した後電車に乗って100均のある場所へ移動。


何を探していたかというと高速バス移動用のネックピロー。私は未だ高速バスを利用したことが無いのだが、ある企業のイベントに参加するようリク面で言われてたので急に某県に行くことになってしまった。リク面が無かったら多分いかないやつ。面接でもないのにたった2時間のために片道1万も払えない。就活で説明会に行くたびに1日1000円もかかってしまうので財布が痛いというわけで高速バスを使おうと思った。


ちょっと不安なんだけど。高速バス、学校とか集団でなら乗ったことあるけど、一人で予約して乗ったことは一度もないんだもん。



で、行ったのだが、無い。個人的に100均の中ではセリアがこだわった商品開発を感じて好きなのだが。
なのでダイソーに行った。無い。ワンフロアしか無い小さい店舗だからか?

疲れたので純喫茶。本日2店目。以前来たことのある猫のいる喫茶。
コーヒー380円で2時間ため息を吐きながら履歴書を書き続けるガイジと成り果てていた。猫もなぜか寄ってこなかった。
隣の女二人が猫を愛でていたが、猫に話しかけて独占する女は見てて気持ち悪い。
デブな腐女子が可愛いものが好きという独占欲だけで猫を愛でる感じが欲丸出しって感じで受け付けないのだと思う。


履歴書書けるところは書いて出たあと最後の砦キャンドゥに向かった。
茶と黒のビーズ入りネッククッションはあったのだが試しに当ててみるとなんか柔らかくて落ち着かない。
なので空気入れてふくらませるやつにした。首周りが痒いが堅くて落ち着く。


おわり。
明日は適性検査を受けに企業まで行く。今週月曜日から金曜日まで毎日外出し歩き回り、全身が痛いし寝不足だ。それでもESは完成しない。う〜ん。2兎を追うものは1兎も得ずというが、まさにそれになりそう。


4/26

この日は午前に説明会

会場は大学である。


その大学は私の嫌いな人が2人行ったので、正直嫌いだ。特に片方。中学の時から嫌い。


その大学は町中に急にありオフィスビルのように綺麗でビルっぽい。
広大な敷地が取れないから上に伸びてるのだろう。


会場は1階のホール。とことん綺麗で金かかってそうでムカつく。
収容人数は何人だろう。パっと見200人ぐらいいそう。


説明会の内容は端折る。私が最初に行った個別説明会とは打って変わって無難で丁寧で親切な内容だった。いやマジで最初のやつは人数少ないからって人をナメすぎ。あれを200人の前でやったら問題になってるだろ。



終わった後は食堂へ。一般の主婦集団とか私と同じ思考の就活生とか来てた。
食堂は上にある。ここの学生は日常的にこんな高層ビルの景色を見ているのか。
私の大学はカフェに一般主婦集団がたまに1、2団体居る程度で、高層の建物など無く、高くても4階で、移動は建物間になるので、えらい違いだと思った。


普通の定食にしようと思ったがサンプルを見たところ量が多いと思ったのでとんこつラーメンにした。窓際の景色がよく見える席を取ったら真隣に主婦3人組が来たのでムカついて別の席に移動した。私、女同士の甲高い表層的なトークがめちゃくちゃ嫌いなんだよね。あとおばさんっぽい喋り方。耳障りで近くでなんて聞いていられない。もっと建設的で合理的な会話をしろ。


食べ終わったら構内見学。ムカつくやつが通ってた大学なので全てがムカついて見える。縦には長いがワンフロアは結構狭い。全ての階が同じような感じだった。放送では「構内での怪しい活動や宗教活動が云々」と言っていたのでやっぱどこの大学でもキチガイはいるんだなあと思った。(別に何教でも良いし極左とかでもいいんだけど、仲間を作ろうとビラを巻いたり絡んできたり積極的に思想を押し付け一般人を巻き込む活動は迷惑なのでやめてほしい)



その後は某路地裏にある絵画喫茶に行こうと思いひと駅分歩いたのだがなぜかやってなかった。定休日でもないはずなのに。
しょうがないので近くの純喫茶へ。緑のベルベットの椅子。昼時だから人が多かった。特に特筆すべき何かがあるわけでもなく。


その後近々閉店になるとツイッターで話題になっていた洋菓子屋へ赴く。途中で図書館に行くとすごく古い建物でびっくりした。
到着して驚愕。長蛇の列だ。
みんな暇人か?平日の昼間のはずなのだが。

並ぶこと30分。やっと喫茶の席が空いた。

この店は550円で飲み放題。メロン、いちご、ミルク、ココア、コーヒー、コンソメなどなど。お得じゃない?
ケーキはいちごサンドケーキ。

味は可も不可もない。まずくはないけど非常に美味しいわけじゃない。パンみたい。
どうやらこの店はこのまるいイチゴショートが看板のようで、これだけ何故か値段が法外に高い。864円。
まあ、そんな値段でも売れてしまうくらいこの店の看板なのだろう。


隣に座った女性はやたら店内の写真を撮っていた。この店と別れるのが嫌なのだろう。
私は偶然近くに来る用事があって初めてきただけだが。


そして近くの大学を見学して某漫画の聖地へ。
昔の作家が住んでいた住居を見に行ったのだが、めちゃくちゃ住宅地の中にあって、すぐ隣の家からテレビの音や生活音が聞こえてきたのですぐ退散した。しかしそこ周辺はなんとなく昭和っぽい感じで雰囲気は良かった。


帰宅するとたくさん歩いたせいか非常に眠くて即寝てしまった。

4/25

今日は授業→説明会


起きてスーツ着てコンタクトはめて化粧して学校、結構真面目に聞こうと思ったのに教室内ずっとざわざわしてて聞こえなくてムカついた。


その後急いで図書館で本を借りて説明会へ。本を借りた理由は大学に出すESは項目が多いのと漠然としているので大学とはどういう場所かという知識なしには書けないと思ったから。あわよくばパクる。


到着したが思ったより早くつきすぎてしまった。
今回説明会に行こうと思った最大の理由は「近いから」だ。自転車で25分、電車で20分ぐらいでつく。


そんなわけで前来たことのある近くの公園とまだ行ったことのない図書館に寄ることにした。
図書館は最近移転してきて新しいと聞いていたので一度寄ってみたかったんだよね。

入ったら右側がカフェスペースと2階への階段、左が受付だった。
図書館で閲覧するには入館証が無いと入れないとのことだが、別に何か個人情報が必要なわけでもなく誰でも受け取れるやつなので、入館証を首にぶらさげなければならない理由が見いだせないのだが…


入ると開放的な光と新築のピカピカした机と本棚が目に入る。思ったより人が多い。
閲覧コーナーは白くてピカピカ、雑誌も綺麗に並べられている。この図書館の近所に住めたら毎日この緊張感ある机で勉強できるのに…



すぐ出てカフェコーナーに向かう。カフェっていうかパン屋だけど。値段の割に小さくて不満だが記念に買った。やたら従業員が多いのはなぜ?



思ったより長居してしまったが図書館をでて会場に向かう。
途中で公園の写真をとったりしていたのだが気づいたら電源が落ちていた。

電源を入れ直すもつかない。まっくら。このとき私のこころも真っ暗になった。
今という就活真っ只中の時期にスマホが壊れたらどこにもいけないじゃないか。もし企業から電話かかってきたらどうすんだ、明日もあさっても説明会なのに会場までどうやってたどり着けば良いんだ…。



そんな気持ちになりながら入室するとまず目に入ったのはズラッとならんだ製品。まるでケータイショップみたい。

案内されて会議室みたいな場所へ。椅子も柱も青い。どうやら会社のテーマカラーは青らしい。

私は図書館に長居しすぎたせいかかなり後ろの方だった。


開始してすぐ映像を見せられ、会社案内で実験室みたいなところや製造部をぐるっと見て回った。なんというか…町工場っぽい雰囲気。実家の工場と似てる。


途中で説明者が離れて5人だけになって放置されたときがあった。
流石に沈黙は気まずいのか男が口を開いた。「みなさんどの業界見てるんですか?」と。

ぶっちゃけ一つの業界に絞るのはリスクヘッジの観点から見てリスキーだと思うので私は全く絞っていない。あえて言うなら特定のヤバそうな業界・嫌いな業界以外全部ってとこ。


この質問してくるやつ多いけど何が聞きたいのかわからん。聞いてどうするんだよ。



私はスマホが壊れて不機嫌だったのでそっぽを向いていたせいか私は最後に質問を振られたのだが、「業界は絞ってない。来た理由は近いから見に来ただけ」と言っておいた。「家がですか?」と聞かれて「いや、学校が。」。




この後休憩タイムだった。
私はスマホが壊れた場合ケータイショップに行くべきかメーカーに問い合わせるべきかわからず悩んでいた。
ネット依存症だからネットが使えないとわかるともうそれしか頭にない。不安。不安。不安。

あまりに不安なので隣の女子に聞いた。「スマホ壊れた場合どうしたら良いか教えてくれませんか?」って。ただの不審者だ。
急に意味不明なことを話しかけてきた私に対し彼女は「ケータイのお店に行くのがいいんじゃないかな…」と答えてくれたので説明会終わったら店に行こうと思った。




正直私はこの企業がある街は好き。最初に住んだのもこの街だった。理由は姉貴のアパートがあるから(最初どこも借りてなかったので最低限の荷物持ってきてアパート借りるまで同棲してた)。


最初居酒屋ばっかで柄悪いかと思ったけど、少し歩けば坂と自然があって、どこか懐かしくて異国のような雰囲気もある。
都会と田舎がバランス良く混ざったみたいな街。チェーン店もあるけど個人商店もあるような。駅周辺以外は廃れた昭和みたいな。


ただ、急な坂が多いせいで自転車にはつらい。


説明会が終わってすぐド○モショップに向かった。
スマホ使えないけど前住んでたからドコ○ショップの場所知ってたんだよね。


入店してすぐ男性にいらっしゃいませえと言われて「電源が入んないんですけど、どうしたら良いですか?」と聞いたら(店員も困るだろうなと思いながら)

ちょっと貸してくださいと言って電源ボタンとホームボタンを同時に押したら電源がついた。
そういえば2年くらい前にも同じようなことをしたような。忘れてた。

「フリーズしちゃったときとかはこうやれば再生します」と教えてくれる男性店員。親切。

そんなわけで一瞬で問題解決。もしかしたら新しいスマホ買わなきゃいけなくなったり、修理出すのにロット番号とか必要だったら実家においてきた箱とか必要なのかな、そしたら親と連絡取らなきゃいけなくなるな、嫌だな…とか考えてたので良かった。



その後前々から行こうと思ってたオーガニックカフェへ。
ぶっちゃけ自然派とかオーガニックとか「生活にこだわってます感」が嫌いなのだが、
ここはなんか食べログで人気なのだ。

その理由を探りに入店。

見た目はどこかの工場みたいな場所。奥まった入り口。

入ると意外にも広々としていた。席は50を優に超えている。

オーガニックという言葉から連想されるような、やさし〜い感じの小物とか売ってる。子供向けの絵本とかも。

こういうのはムカつくけど気にせず席に座る。客は広々とした空間の割に4人ぐらいしか居なかった。


メニューは食事とカフェ。15時までだったらランチにドリンクつけたら200円まけてもらえたらしくちょっと後悔。
混雑時を避けて入店すると損なのか…。


私はカレーを注文。しばらくして到着。
さすがこだわり派オーガニックカフェ、ハーブのような葉っぱが入ってる上カレーのルーを使わずに野菜カレーをつくってる。通常のドロッとしたやつじゃなくて、シャバシャバしたカレー。いろんな野菜をミックスしてターメリック入れたような感じ?でも嫌いではない。こだわった結果こうなってるんだし、多分。


値段の割に量は少なかった。それは知ってたことだけど。なんか野菜とかメッチャこだわってるらしいので多分そのこだわり代。


食べ終わって帰宅。スマホはもとに戻った。


明日は朝から説明会。8時20分に家でなきゃ。


今日の説明会の応募書類もGW明け必着らしいし、ほんと、全部間に合わないんじゃないかとちょっと怖い。

4/24

昨日はめちゃくちゃだらだらしてしまったので今日はそれなりに活動しようと思っていた。

予定としては眼科→脱毛→純喫茶→ES

だったが、朝起きようと思っても眠くて眠くて結局起き上がれなかった。全身痛いし。

ようやく10時半に起きて風呂。昨日入ろうと思ってたけど眠くて入れなかったので。


今日は眼科を見送ろうと思ったがまだ午前の検診に間に合いそうなので自転車乗って出発12時30分。
そういえば明日説明会があるから今日中にスーツのクリーニング取りに行かないといけないことに気づいて回収してもう一度出発。

12時55分に眼科に到着したが午前の検診は13時までらしく断られた。

しょうがないので脱毛へ。


脱毛の予約は15時からにしたのでそれまで純喫茶。

駅近くなのに地下であることと平日昼間であるせいか客が3人しかいなかった。逆にこの時間にこんな場所にいられる理由が知りたい。

席数は全部で24席ぐらい。
バーカウンターみたいな構造でメニューは壁。コーヒー550円から。


お腹がすいていたので何か食べようと思ったが、サンドイッチしか食べ物がなかった。
サンドイッチにしては割高であることとサンドイッチの気分じゃなかったので本日のコーヒーであるコロンビアを注文。
地理で習ったけどコロンビアはコーヒーをいっぱい栽培してて輸出してるんだよ。

私はコーヒーにそこまでこだわりがあるわけじゃないしそこまで好きでもなくそれしかないから飲んでるだけだからわかんないけど、コロンビアの特徴は甘くてフルーティでバランスのとれた味らしい。確かに今まで飲んできたコーヒーの中では苦味がなくて美味しいと感じた。



隣に座っていた男性客が席を移動した。おそらく副流煙を気にしたのだろう。親切なやつだ。

しかし私の両親は喫煙者で、小学生の頃から母親は車内でタバコを平気で吸っていたこともあり、タバコには慣れている。
車に乗ってる時にタバコの煙を吸うと100%車酔いするのでいつも習い事先に到着する頃には胸焼けと吐き気に襲われていたので正直やめてほしかったのだが。子供の健康より自分の欲望を優先させる神経やばくないですか?
喫茶店の喫煙席はママがタバコを吸う車内より10000倍マシだ。もうあの車内には戻りたくないね。調べたら乗り物酔いって三半規管の刺激で一時的に自律神経失調症になってるらしい。寒さに弱いしもしかしたら自律神経が生まれつき影響受けやすい体質なのかもしれない。




で、脱毛の話。

今回で新サロンにて2回め。なんか前回からものすごく時間経ってるような感覚なのは就活で多忙だったからか。

相変わらず丁寧な対応。「保湿されてるとのことですが、体質のせいかまだ皮膚が堅いので化粧水などオイルやアルコールの入ってないもので毎日保湿してください」とのこと。風呂上がりに毎回ベビーオイル塗ってニベアで保湿してるんだけど、効果が薄いらしい。


4月から施術が90分になったらしい。そのせいか前回は1人の女性が対応してくれたのに今回は2人だった。

終了後パウダールームで化粧とコテ。ホットほうじちゃは可愛いカップでほうじ茶っぽくない見た目だった。
私は自己肯定感が低いので、こういう大人しか出来ないような贅沢をしてる自分に違和感しか無い。
だって私のために「パウダールーム」が用意してあるんだよ?コテ温めて、ほうじ茶用意して。
私は子供だし稼いでもないのにこんなことしていいのかという罪悪感、許可を得ていないという不安、を感じてしまう。


その後眼科に行って検診。特に異常なし。


明日から怒涛の一週間が始まる。

明日は授業後説明会。
明後日は説明会後授業(どんなに急いでも開始時刻に間に合わないので休んじゃおうかとも考えている)
その次の日は説明会。
その次の日は適性検査後授業。

その間にES5枚。


つまり授業こなしながら説明会3社適性検査1社行ってES書く。…できるか(怒)

まじでESピークですねえ。


頭おかしくなりそう。


実は私借金100万あるんですよ。浪人代。
世の中の浪人は浪人代を請求されたりしないんだろうけど、私はされるんだよ。
今まで忘れてたんだけど。
「浪人した時ママにボコボコにされなかったでしょ?」と言われた時に思い出した。

当時母親は下の妹が何かと理由をつけて実の親から金をタダで貰ってた事に腹を立てていて、自分も貰えないのはおかしいということで、私を利用したにすぎないのはおそらく当たっていると思う。

だから、浪人が決定した後、無理やり車に乗せられて母方の祖父母の家に連れてかれていわれるがままに土下座させられた。おそらく家の口座には私が浪人できるぐらいの金はあったと思うけど、母は妹だけ優遇されているのが不満だから私の浪人を口実にしたのだ。母親は徹底的に子供を自分のための道具・ペットとしか考えてない。世の中よ、これがサイコパスよ。親子愛なんて幻想。暴力・私欲のための口実。よくここまで自分のためだけに生きられるよなあと逆に感心するよ。



確かに私が大学受験に落ちたのは私の責任ではある。勉強は一生懸命してたけど、生まれつきの能力も人も環境も恵まれてなさすぎたのは振り返ってひしひしと思う。

でも、私は高校生だから金持ってるわけないし、大人に頼らざるを得ないのは議論する余地もない事実だし、私が借金する羽目になるのはやっぱおかしいと思う。私が大人で、稼げる能力も職もあったらそりゃあ自分の責任で借金するけど、私の場合無理やりさせられてるからね。借金せずに宅浪すればいいじゃないかという意見もありそうだが、実際浪人以外の選択肢は無いようなもので(それ以外を選択しようものなら多分自殺に追い込まれる)、この時の目的は「わたしの浪人を口実に金を巻き上げる」ことであって私にどうこうできる問題じゃない。何も事情を知らされずつれてかれた私は土下座して借金する以外に無かったし、もしそれを拒否しようものなら多分死んでた。


そんなわけで借金返済のためシューカツ。


当時はなんでもない普通の日常の一コマだと思ってたけど、今常識と知識を備えた私から見たら普通に異常です。よくあんな場所で生きてたなと賞賛に値する。我ながら借金100万で1浪で虐待PTSDで遺伝病で絶縁と、闇が深すぎる。自分が怖いよ。


さようなら家族。こういう愛の無い家にいたらいずれ死ぬので私は一人で生きます。





4/23

本当は昨日出さないと普通届かないんだけど間に合わなかったから(最近全然間に合ってない。手書きだからか)今日速達で送ることになった。

午前に自転車に乗って郵便局へ。

日曜午前に外出ることってあんまりなかったけど、あまりにも穏やかな午前にくらりと来てしまった。

そう、こういう済んだ青空にのんびりとした空気。これだよこれ。私が毎日ほしいのは。



400円もかかって財布が痛いが、しょうがない。しかもめちゃくちゃ急いで書いたので字が走ってるし誤字してもなんとかごまかしてるやつなので落ちても文句は言えない出来だ。


ふとどこか行く場所はないかと思って思い出したのは7月に閉店するカフェだった。
私は一度も行ったことがなかったのだが、かなり狭くて知る人ぞ知るカフェである。ちなみに私はネットでかなりピンポイントな地名で検索したら偶然出てきた。


どうやら昔から母親がこった料理を出してくれた影響で料理が好きになり、パソコンの会社が潰れたのをきっかけに菓子づくりや店長とかの経験を積んだ後7年前に自分の店をオープンしたらしい。これを知って夢を追うのに遅い早いなんてないのかもなと思った。



なんで閉店するのか知らないが、近いので行った。開店前だと言うのに既に近所のおばちゃん2人組が先頭に並んでいる。日傘を指していたが、その通り日差しが痛かった。日傘持ってくればよかった。


開店と同時に女性オーナーが黒板を持ってきた。メガネで優しそうでいかにも「ていねいな暮らし」とかの見出しで出てきそうな人だ。ぶっちゃけ嫌いなタイプだが店長と客という間柄なら気にしない。


内装もそんなオーナーらしい白壁に日差しが指すやさしくてなつかしい落ち着いた雑貨屋のような感じだがこういうのは好きです。子供向けの絵本とかあるのは多分親子連れをターゲットにしてるからだろうけど。そこはちょっとムカつく。独身を排除してるみたいで。


席は全部で15くらい?少ない。
オーナーもブログに「食べログとかSNSにのせないでください」と書いたり、駅から徒歩15分もかかる立地のくせに駐車場も駐輪場もないような店だから、目立ちたくない、客の数を制限したいという意思を感じる。


その理由は料理を全て手作りで出すこと、店員がオーナー一人しか居ないことだと思う。
大人数に対応できないのだ。



注文から20分ほどして出てきた料理は素朴だけど野菜がたくさんの定食。
玄米のご飯に豆腐と玉ねぎが入った味噌汁、小松菜のおひたしに、漬物、メインはかぶと鶏肉の煮込んだやつ。
ここらでは野菜を栽培する人がいくらかいるらしくて、野菜は可能な限り地場産を使っているらしい。
正直とてもおいしかった。1000円でこのおいしさなら満足。



オーナーも良い人だし料理はおいしいし、落ち着いて休日を過ごしたい人にはぴったりのカフェ。なくなってしまうのはどこか寂しい。


その後は公園をぶらぶら散歩して古本屋で漫画を読んで(東京ミュウミュウあらもーど懐かしいと思って手に取った、あとはメロディの秘密)帰宅。近隣だけでも結構満足できる休日になる。



今日は就活らしい就活を何もしてないので内心焦っているのだが。
プロフィール

.

Author:.

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
カウンター
*2009/10/24より
最近の記事
月別アーカイブ